秋田県立秋田北鷹高等学校校長 挨拶

 皆さん、秋田北鷹高等学校のホームページにようこそおいでくださいました。

 

 本校は、普通科と農業科を設ける総合制の高等学校です。普通科では様々な進路希望に対応するために、多様なコースを設けています。特別進学コースは、文系、理系に分かれており、国公立大学の進学を目指してハイレベルな授業を行い、進学実績を年々向上させております。探求コースは、文系、理系、キャリア、スポーツの4コースに分かれ、進学や就職の希望に柔軟に対応できるようになっており、先生方は一人ひとりに親身になって指導を行っております。

 農業科には、生物資源科と緑地環境科があり、次代の農業後継者育成はもちろんですが、実習を通して勤労観や環境保全に対する意識の涵養を目指して、それぞれ特色ある学習活動を展開、生徒の成長をサポートしております。

 部活動は、15の運動部と10の文化部が活発に活動しております。昨年度は相撲部、フェンシング部、ソフトテニス部、スキー部がインターハイを含む全国大会出場、陸上競技部が国体出場、弓道部が全国選抜弓道大会出場を果たしております。文化部では、カルタ部が全国高等学校総合文化祭に出場しました。全国レベルで活躍し、今年度から3年間、県の高校強化拠点校に指定されたスキー部(男子クロスカントリー)、フェンシング部(男子)を始め、各部ともに地区大会優勝と上位大会への出場を目指して活動に励み、自己修養と人間形成に努めております。

 本校は、文部科学省から5年間のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けて3年目になりました。先進的な理数教育の実施と、大学や研究機関との共同研究や国際性を養う教育に取り組み、ロケット甲子園優勝、モデルロケット国際大会(イギリス)出場を始めとする多くの成果を上げることができました。今後とも、SSHの取り組みを中心に据えて新たな学校づくりを推進し、この活動を通して科学への興味関心を育みながら、広い視野と高い表現力を持ち、地域社会や国際社会で活躍できる有為な人材の育成に努めたいと考えております。

 

 さて、本校は、北秋田市にあった鷹巣農林高等学校、鷹巣高等学校、米内沢高等学校、合川高等学校の4校が統合し、平成23年4月に開校しました。歴史的に見れば開校5年目の新しい学校ですが、北秋田市唯一の高等学校として、統合した4校の伝統を受け継ぎ、地域の期待に応える学校づくりを進めております。

 これからも、地域に根ざして地域と共に歩む、地域から愛される秋田北鷹高等学校でありたいと願っております。そして生徒一人ひとりが勉強に部活動に励んで充実した高校生活を送り、北鷹生として誇りの持てる学校づくりを進めたいと思っております。今年も7月31日に体験入学を予定しておりますので、是非ご参加ください。

 

  今後とも、これまで同様のご指導とご支援をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

校長 佐藤清悦